甲殻類

渡蟹(わたりがに)のさばき方

  • シェア
  • ツイート

寒い時期、雌は内子を持っていてこれを珍重する。外子(ふんどし部分に出た卵)は味が良くないので少ないものを選ぶ。旬は秋から冬。夏には脱皮するカ二が多くこちらも味が悪く秋に深場に移動する時期のカニがうまい。

講師服部栄養専門学校西澤 辰男

  • 生きたままと茹でたものでは下処理の仕方が違う。
  • 雄雌の判別は他のカニ同様フンドシでできる。
  • 外子(ふんどし部分に出た卵)は味が良くないので、少ないものを選ぶ。

甲羅をはがす

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-9-39-091)腹に指を入れ、甲羅をはがす(写真)。
2)がにをはがす。

身を半分にする

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-9-40-123)口をとり、身を半分にする(写真)。

卵と味噌をとる

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-9-40-374)甲羅、身についている卵と味噌をとる(写真)。
5)身についている汚れを洗い、よく水気をとる。

完成

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-9-41-03