海水魚

糸縒鯛(いとよりだい)のさばき方

  • シェア
  • ツイート

主に料理店で提供される高級魚。姿が美しいのはもちろん、クセのない白身が特徴。旬は秋から梅雨時の産卵前まで。熱を通すとふっくら仕上がるので、蒸し物や煮物、ソテーが美味しい。

講師服部栄養専門学校西澤 辰男

  • 鱗は薄く、とりやすい。
  • 皮は薄い割には強い。皮目に独特の風味がありそれも楽しめる。
  • 骨が細いが硬いので注意すること。

頭をはずす

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-30-22-09-441)ばら引きで鱗を引く。
2)残った鱗は包丁で丁寧に引く。
3)胸びれ、腹びれが頭側につくように斜めに包丁を入れ、中骨を切る(写真)。
4)裏返し、同様に斜めに包丁を入れ、頭を切り落とす。
5)尻から包丁を入れ、頭と内臓を一緒にとる。
6)血合いに包丁を入れる。
7)鱗、腹の血合いを洗い、よく水気をとる。

片身をはがす

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-30-22-11-228)尾を左にして、腹から中骨に沿って包丁を入れる。
9) 半回転させ、背から中骨に沿って包丁を入れる。
10) 尾に包丁を入れ、抜きながら返し、中骨に沿って頭の方に切り下げ(写真)、片身をはがす。
11)裏返し、背から中骨に沿って包丁を入れる。
12)半回転させ、腹から中骨に沿って包丁を入れる。
13)尾に包丁を入れ、抜きながら返し、中骨に沿って頭の方に切り下げ、片身をはがす。

腹骨をすく

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-30-22-12-2314)裏身に逆さ包丁を入れ、包丁をすき上げて腹骨をすく(写真)。皮一枚になったら、包丁を立て切る。
15)表身に逆さ包丁を入れ、包丁をすき上げて腹骨をすく。皮一枚になったら、包丁を立て切る。

完成

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-30-22-12-44

推進パートナー

日本さばけるプロジェクト実行委員会事務局

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-7-16 市ヶ谷KT ビルⅡ 9 階  株式会社さとゆめ内
TEL: 03-5275-5105(平日10:00-18:00) / FAX: 03-5447-1514 / E-mail sabakeru@satoyume.com 担当:長谷川

本プロジェクトは、日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」の一環として実施しています。