海水魚

刺身の選び方と盛り方

  • シェア
  • ツイート

講師服部栄養専門学校西澤 辰男

  • 刺身は血合いの色が鮮やかなものを選ぶ。
  • 白身魚は透明感、鮪は筋がないことがポイント。
  • 盛り付ける時は、角を揃える。

刺身の選び方

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-23-50-541)血合いの色が鮮やかなものほど鮮度が良い(写真)。
2)白身魚は透明感があるものほど鮮度が良い。
3)鮪はなるべく筋がなく、鮮やかな色合いのものほど鮮度が良い。

刺身の盛り方

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-23-52-034)つまを手に乗せて、軽く丸める。
5)丸めたつまを皿の奥に盛り、大葉をのせる。
6)刺身の角をきれいに揃えて、皿に立つようにして盛りつける(写真)。

推進パートナー

日本さばけるプロジェクト実行委員会事務局

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-7-16 市ヶ谷KT ビルⅡ 9 階  株式会社さとゆめ内
TEL: 03-5275-5105(平日10:00-18:00) / FAX: 03-5447-1514 / E-mail sabakeru@satoyume.com 担当:長谷川

本プロジェクトは、日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」の一環として実施しています。