甲殻類

車海老(クルマエビ)のさばき方

  • シェア
  • ツイート

伊勢海老と並ぶ、海老の代名詞的存在。大正海老、ブラックタイガーなど、車海老の仲間は多種多様になっている。元来の車海老は江戸前の天ぷらや寿司に欠かせない素材だ。

講師服部栄養専門学校西澤 辰男

  • 原則として生きているものをさばく。身が透けて見え、身が詰っているものを選ぶ。
  • 氷水にしっかりつけることが大事。これによってアクが抜け、身がしまることで殻がむきやすくなる。
  • 鬼ガラと足は、いずれを調理するかで選ぶ。

頭と身を分ける

名称未設定
1)右手で尾を、左手で頭を持つ。
2)身を裏返して持ち、頭と身の間に親指を入れ、背わたと頭を一緒に引き抜く(写真)。

頭と内臓を取り、水洗いする

名称未設定2
3)頭と身を氷水につけ、身をしめておく。
4)ボウルから取り出し、身は尾と殻一節分を残して殻をむき(写真)、頭は鬼殻をむく。

背びれを取る

名称未設定3
5)まな板に身を置き、包丁で尾を整え裏返す。
6)身の節に対して斜めに切り込みを入れる(写真)。
7)裏返し、まな板に押さえつけて筋を伸ばす。

推進パートナー

日本さばけるプロジェクト実行委員会事務局

〒102-0074 東京都千代田区九段南4-7-16 市ヶ谷KT ビルⅡ 9 階  株式会社さとゆめ内
TEL: 03-5275-5105(平日10:00-18:00) / FAX: 03-5447-1514 / E-mail sabakeru@satoyume.com 担当:長谷川

本プロジェクトは、日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」の一環として実施しています。